flagge-jp     flagge-dt     

 

インフォメーション

 

スポンサー

 

コンタクト

 

 


第12回デュッセルドルフ日本映画週間のプログラム


デュッセルドルフ日本映画週間は、2007年以来、在デュッセルドルフ日本国総領事館、デュッセルドルフ映画博物館、ケルン日本文化会館の共催で毎年開催している観賞無料のイベントで、今年で12回目を迎えます。

多くのドイツの方々に、日本関連映画を通じて、多様な側面や文化、日本人のメンタリティーを紹介し、当地において日本ファンの裾野を更に拡大することを目指しています。今年は「日本の地方」と「ベートーベン交響曲第九番日本初演100周年」をテーマに据え、日本の地方の魅力を発信する映画、徳島県鳴門市に位置する板東俘虜収容所の歴史をご紹介する映画等、多彩なプログラムをご用意しております。第12回デュッセルドルフ日本映画週間のプログラムは、2017年11月末に掲載する予定です。

今年度もスポンサーの皆様のご支援により、第12回デュッセルドルフ映画週間を下記の要領で開催することが決定しました。この場をお借りして心より感謝申し上げます。


開催時期:
2018年1月12日(金)〜31日(水)

開催場所:デュッセルドルフ映画博物館(Schulstraße 4, 40213 Düsseldorf)

主催:在デュッセルドルフ日本国総領事館、デュッセルドルフ映画博物館、国際交流基金 ケルン日本文化会館との共催


映画は基本的に日本語音声+英語又はドイツ語字幕でご覧頂けます。また、無料・事前登録なしでご入場頂けます。

第12回デュッセルドルフ日本映画週間のプログラムは、2017年11月末に掲載する予定です。


こちら
で(ドイツ語)はデュッセルドルフ日本映画週間のマスコットキャラクター「映ちゃん」を紹介致します。